ブレーキローター研磨 交換

今回はブレーキのローターについて、簡単ですが少しお話を・・・

DSCF5397

ディスクブレーキ

ブレーキローターとは画像の丸い円盤部分の事です。

(知ってるわ(`Д´)との声が聞こえる気がしますが、気にせずに説明を)

ディスクブレーキとは、ブレーキパッドを押付け、その摩擦を利用し制動するという優れたブレーキシステムです。

当然、摩擦を利用し制動力とする訳ですから、ブレーキパッドは当然減り、車検の時などに交換されている場合がありますので、皆さんもブレーキパッドは消耗品との理解はあろうかと思います。

しか~し、ブレーキローターは減るという認識はないのではないでしょうか?

国産(日本車)に乗っている方のほとんどは、乗り換えるまで又は廃車するまで、ブレーキローターを交換したことがない方が大半と思います。

しかし、当然ブレーキローターは磨耗します。

嘘と思われるかもしれませんが、消耗品なのです。

DSCF5337

減っているのが分かりますか?

消耗品といいましても、ブレーキパッドを交換するような早いサイクルではなく、使用方法や走行距離、車種(材質の関係)によって交換時期は様々なのですが。

※ 輸入車は国産車に比べて磨耗が早く、交換サイクルが短い場合が多いです。

 

磨耗が酷い場合、車検や修理の際に業者より話があると思いますが・・・

と、ここまではブレーキローターについて一定の理解していただきたいという意味での前置きでございました。

 

ここからが、本題です。(ここからが伝えたい部分です)

ブレーキローターが磨耗しても、交換でしか対応できない訳ではありません。

ブレーキローター研磨という方法での対応も可能です。

ただし、ローター研磨は交換より安価になりますが、ローターを外して研磨加工を外注しますので、お預かりする時間は長くなります。(※程度により、ローター研磨出来ない場合もあります)

 

ここで皆さんにお聞きします。

今乗っているお車が、走行時にブレーキをかけた時、ハンドルに振るえを感じる様になっていませんか?

このような症状が出ているお車は、ブレーキローターが歪んでいる”可能性が大”です。

ローターの歪みが原因であれば、ローター研磨を行うことで解消されます。

知識はあっても損はしませんので、今後も含め修理費用の低減策として、ぜひ記憶の片隅にでも。

 

DSCF5339

こちらは、新品です

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です