全塗装(旧車?)

今回は、近頃では珍しい?”全塗装車両”のご紹介です。

この車のオーナーは、”永遠?の独身貴族” である4●才の男性であります。

このオーナーが愛する車両は、国産の”ピュアスポーツであるRX-7(FD3S)”であり、発売はたしか平成4年だったはずですので、初期型はもう20年以上も経過しており、一昔前では旧車の部類です。

でも、さすがピュアスポーツの名に恥じず、今でもスタイルは抜群です。

しかし、手入れや車庫の関係にもよりますが、塗装の経年劣化には勝てず、今回は全塗装を選択されました。

全塗装をするのに、皆さんであれば違う色をと思うかも知れませんが、ここは中年のこだわり?で、同色(シルバー)を選択!!

ただし、折角なので若干は変更したいということで、詳細は当店のセンスにお任せです。

そんなこんなで、当店のスタッフはセンスと腕の見せ所であり、ここは ”こだわりのピュアスポーツ” に仕上げようという意気込みで、”ピュアスポーツなのだから塗装もピュアにしよう”と思い、塗装を開始します。

塗装に関するピュアの方法は、「企業秘密?」ということで・・・

これで、純真無垢?なピュアスポーツの完成です。

DSCF6876DSCF6868

ご覧の写真は、塗装後にペーパー処理をしている写真ですので、光沢はありませんが、全塗装は完了です。(純正色ではありませんよ)

塗装スタッフ曰く、車高が低いので天井は塗りやすいが、側面は辛かったそうです。

当然パーツを外し、細かい部分まできちんと塗装を仕上げています。

この後、磨きや各パーツの取付けを行い、完成となります。

仕上がりましたら、また”中年のピュアスポーツ”の写真を掲載します。

 

 

Comments

  • 塗装は年月の経過には勝てないですよね。
    FD3Sで中年のこだわりって良いですね。
    ぜひ、こだわりの室内写真も掲載してください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です